バリ島旅行お役立ちカレンダー

2018年版インドネシア政令祭日とバリヒンドゥー教の祭日表

1月1日(月) 元旦 プルナマ(満月)
1月15日(月) シウォラトリ
2月16日(金) イムレック春節
(中華新年2567)
3月16日(金) ニュピ前夜 Hari Ngembbak Gni/Hari Tilem(新月)
3月17日(土) ニュピ(シャカ暦新年)
サラスワティ
3月18日(日) マニスニュピ/バニュピナロ
3月19日(月) ソムリバッ
3月21日(水) ペガルウェシ
3月30日(金) 聖金曜日 イエス・キリスト命日(Wafat Yeses Kristus)
4月14日(土) ムハマッド昇天祭
5月1日(火) 労働者の日・メーデー
5月10日(木) キリスト昇天祭
5月29日(火) ワイサック(仏陀聖誕祭)Waisak2561
プナンパハンガルン(ガルンガン前日)
5月30日(水) ガルンガン
5月31日(月) マニスガルンガン
6月1日(金) Hari Lahir Pancasila
6月9日(土) クニンガン
6月15・16・17日 イドゥル フィットリ(イスラム教断食明け大祭) と政令指定連休
8月17日(金) インドネシア独立記念日
8月22日(水) イドゥル アッダ(犠牲祭)
9月11日(火) イスラム暦新年
10月13日(土) サラスワティ
10月17日(水) プガルウェシ
11月20日(火) モハマッド降誕際
12月24・25日 プナンパハン ガルンガン
クリスマス&政令連休
12月26日(水) ガルンガン
12月27日(木) マニス ガルンガン
2018年 1月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

1日 元旦

8日 成人の日

15日 シウォラトリ

2018年 2月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

11日 建国記念日

12日 振替休日

16日 イムレック

2018年 3月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

21日 春分の日

16日 ニュピ前夜

17日 ニュピ/サラスワティ

18日 マニスニュピ

21日 プガルウェシ

30日 聖金曜日

2018年 4月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

29日 昭和の日

30日 振替休日

14日 プナンパハンクニンガン

2018年 5月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

3日 憲法記念日

4日 みどりの日

5日 こどもの日

1日 メーデー

10日 キリスト昇天祭

29日 ワイサック

29日 プナンパハンガルンガン

30日 ガルンガン

31日 マニスガルンガン

2018年 6月
S M T W T F S
        1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

1日 パンチャシラの日

15・16・17日 イドゥルフィットリ

9日 クニンガン

2018年 7月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

16日 海の日

2018年 8月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

11日 山の日

17日 インドネシア独立記念日

22日 イドゥル アッダ(犠牲祭)

2018年 9月
S M T W T F S
          1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

17日 敬老の日

23日 秋分の日

24日 振替休日

1日 イドゥル アッダ

11日 イスラム暦新年

2018年 10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

8日 体育の日

13日 サラスワティ

17日 プガルウェシ

2018年 11月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

3日 文化の日

23日 勤労感謝の日

20日 ムハマッド降誕際

2018年 12月
S M T W T F S
          1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

23日 天皇誕生日

24日 振替休日

1日 ムハマッド降誕際

24・25日 クリスマス

24日 プナンパハンガルンガン

25日 ガルンガン

26日 マニスガルンガン

バリ島観光に影響のある知ってて得する基本的な現地情報です。

カレンダーを通して観光に影響があると予想出来る日にちとの理由を挙げてみました。

スパの送迎や観光ツアー、アクティビティの送迎の際には多少の影響もありますのでご注意頂き、快適な旅行の計画に役立ててください。

インドネシアはイスラム教徒が人口の75%以上を占める、世界最大のイスラム教徒人口を抱える。

その中でバリ島は島民の90%がヒンドゥー教徒として生きるユニークな島です。(※ヒンドゥー教の重要日は国民の祝日ではありませんが観光をするにあたっては多少の影響があります)

イスラム教の他にも、仏教、キリスト教の重要日が国民の休日として認められています。(例えばチャイニーズニューイヤー、クリスマスなど

人口約2億4千万人を抱えるインドネシアは世界第4位。この中でバリ島はインドネシア人にとっても憧れのリゾート地であり、学生長期休暇シーズンや断食開けのホリデーシーズンにはたくさんの観光客がバリ島を訪れます。近郊国のシンガポール、マレーシア、オーストラリア、最近では中国、台湾、韓国の観光客もたくさん訪れる人気のリゾート地。

そんな魅力的な島バリは、交通事情はまだまだ日本のそれとは足元にも及ばない粗末な状況(開発、改良の遅れ、おおざっぱな民族性)で、各宗教の休日シーズン、バリヒンドゥー教の重要日などは交通渋滞は必至です。“その違いを体感する事も旅の醍醐味。ここは『バリ島だから』と気持ちを切り替えて過ごす事が重要な鍵。”

ニュピについて− NYEPI / SILENT DAY −

ニュピとはヒンドゥー教のサカ歴の新年にあたり、この日は人間と自然の調和、平和を祈るバリ人にとっての正月元旦である。瞑想、断食などをして精神のバランスを整え、世界平和へと繋げていこうという日である。このニュピを迎えるにあたりバリ人達は三日前に海や川へ浄化の儀式(ムラスティ#1)を行いに村単位で出向く。ニュピの前日には悪霊達がバリ島へ逃れてきて悪さをすると考えられていて、(オゴオゴ#2)と言われる悪霊を模したハリボテの神輿を担ぎ、たいまつの火を持ち歩き、激しいリズムのガムランを鳴らしながら村中を練り歩きながら村を浄化します。

バリ人個々の家単位でも乾かしたヤシの葉っぱやヤシの実の皮に火をつけて大きな音のでるものを打ち鳴らしながら、敷地内の隅々まで浄化していく儀式が暗くなる頃始められます。

ニュピ当日や前日の夜は新月であり月も顔を出さないので、星の輝きが一層すばらしく見る事が出来ます。また日頃の忙しさや喧噪から逃れる事が出来る日は滅多にないもので、本当に心からの静寂が体験出来る日でもある。

※上記の理由により当日バリ島では外出禁止、火や電灯が一切使われないほか、飲食店や商店などの営業が禁止され、外国人であっても様々な制約を受けます。

バリ州政府からもこのニュピ祭が円滑に実施されるよう、外国人に対しても理解を求めるとともに以下のような規制に従って過ごさなければなりません。

  • ニュピ前日の未明の午前0時頃からニュピ翌日の午前6時まで、外出、移動、車両の使用、火と電灯の使用及び娯楽など静粛を妨げる行為を禁止する
  • バリ島のングラ・ライ国際空港においては、国内線・国際線ともにトランジット便及び緊急着陸便を除き、全ての離発着を禁止する(乗客の乗降は認められず,トランジットの乗客及び航空機のみが空港の使用を許可される)
  • バリ島に出入りする船舶に対する全ての海運サービスの提供を禁止し、海港を閉鎖する。

ニュピ前後にバリ島への渡航・滞在を予定されている方は、ニュピ祭りの行動制限が外国人を含むバリ島内の全ての人々に適用され、警察、医療機関、消防等の治安及び人命に関わる特殊かつ緊急を要する活動を除き島内での屋外行動が禁止されることから、ニュピ祭当日はホテル等の宿泊施設から外出が出来ないことになりますので、現地事情を理解するとともに現地滞在時には十分注意してください。

またムラスティやオゴオゴ、帰省ラッシュのためニュピの前日から渋滞が必至です。ツアー、スパ、アクティビティの送迎にも影響があります事を予めご了承ください。

ガルンガン & クニンガン GALUNGAN & KUNINGAN

ガルンガンはバリヒンドゥー教において善が悪に勝利した事を祝う日として、ウク暦の1年210日に1度めぐってくる宗教行事です。神々や先祖の霊もこの日に天から降りて来るとされ、バリの人々は特別なお供え物や飾り物などを作って歓迎する。

その十日後にやってくるのがクニンガンです。この日に先祖の霊は天へと戻っていき、特別なお供え物や飾り物を作ってお供えします。

日本のお盆と似た行事である。

※ガルンガン・クニンガンの当日、また前後日にはバリ人の帰省が始まるため交通渋滞が起こります。スパ、アクティビティ、ショップなどはお休み、半日営業のところがほとんどですのでご注意ください

学生休暇シーズン

日本の冬休みや春休みと同様に学年末(6月の終わりから7月初旬頃まで)と年末年始の2週間は、インドネシアの学生は長期休暇シーズンに入るので主要道路や空港施設内も込み合うことが予想されます

ラマダン(断食月)と レバラン/イドゥルフィットリIDUL FITRI

バリ島のあるインドネシア共和国は世界最大のイスラム人口を抱える国家であり、バリ島自体はヒンドゥー教の島であるがイスラム教徒の行事に影響される事は多々ある。

ラマダン期間におけるひったくりなどが多く発生しています。携帯電話やバックなどの取り扱いには十分ご注意ください。

ラマダン(断食月)が終わる日(イドゥルフィットリ-断食明け大祭レバラン)は、インドネシア国内はもとより隣国のマレーシア、アラブ諸国のイスラム教徒観光客がバリ島へ休日を過ごそうとやってくるため交通渋滞は免れません。