ル・メイヨール美術館

ル・メイヨール美術館

住所 Jl.Hang Tuah Sanur
アクセス ヌサドゥアから車で30分・クタから車で20分・ウブドから車で30分
休場日 ニュピ
開園時間 08:00~15:00(日から木)
08:00~13:00(金)
入園料 5,000ルピア
周辺の観光ポイント ・シンドゥビーチ徒歩0分
バジェロサンディまで車で5分
アートセンターまで車で10分

Map

ベルギー人画家“ル・メイヨール”が実際住んでいたサヌールのビーチ沿いにある住居を博物館として開放している。彼の妻であった二・ニョマン・ポロックはバリダンスの名手として有名で彼女をモデルとして描いた作品も多い。バリ様式の家の造りや凝った彫刻、当時彼が使っていた調度品なども同時に見ることができる。独特の筆使いと赤や黄色を基調とした鮮やかな色使いが、その当時のバリの雰囲気をよく見て取れるすばらしい作品を鑑賞しよう。

ル・メイヨール美術館 ル・メイヨ−ルとその妻
ビーチ沿いの民家がル・メイヨールがかつて暮らした住居兼美術館 ル・メイヨールとバリダンスの名手で彼の妻でモデルでもあったニョマン・ポロックの像
ベルギー人画家メイヨ−ルの住居 ル・メイヨ−ルの住居兼美術館
バリ様式の彫刻が施された館内の様子 赤を基調とした伝統的バリスタイルの造り
ル・メイヨールの作品1 メイヨールの作品2
バリ人女性を多く描いたメイヨ−ル 独特な色使いで熱帯のバリの風景を描いた。