ネカミュージアム

ネカミュージアム

住所 Jl.Raya Campuhan Desa Kedewatan Ubud Gianyar
アクセス ・ヌサドゥアエリアから車で60分
・クタエリアから車で50分
・ウブドエリアから車で10分
休場日 ニュピ
開園時間 09:00〜17:00
入館料 Rp50,000.00
周辺の観光ポイント ウブド中心地プリサレンまで車で10分
アントニオブランコミュージアムまで車で5分
プリルキサン美術館まで来るまで10分
公式サイト www.museumneka.com

Map

絵画蒐集家として有名なネカ史の所蔵品を展示している美術館。テーマ別に分けて展示されていて見やすい。日本語でのパンフレットを受付でもらえるので、これを参考に見学すると理解しやすい。

  • バリ伝統的絵画(古典バリ絵画のカマサンスタイル、バトゥアンスタイルなど)
  • それまでのバリの絵画スタイルにモダンな影響を与えた、オランダ人アーティスト“アリー・スミット氏”のコレクション
  • アリースミット氏のえいきょうを受けたヤングアーティストの作品
  • アメリカ人写真家“ロバート・コーク氏”による1930から40年代のバリの舞踊や儀式などの文化を撮った写真。
  • バリ人を代表する芸術家、“グスティ・ニョマン・レンパッド氏”の作品
  • 現代インドネシア人画家の作品
  • 外国人画家の作品を集めている中でもルドルフ・ボネ氏の作品は見逃せない。
ネカ氏とネカミュージアム ネカミュージアム
ネカ氏とネカミュージアム 受付のある最初のバリ様式の建物の外観
ネカミュージアム ネカミュージアム
有名画家によって描かれたネカ氏の肖像画やウブドの芸術文化に力を注いだアーティストの作品など バリの伝統舞踊とそれを楽しむ人々を描いた絵