プランバナン寺院群

プランバナン寺院群

開園時間 06:00 - 17:00
休園日 無し。
入園料 プランバナン寺院のみ(US$18)
プランバナン寺院+ラトゥボコ(US$25)
所在地 Jl.Solo Km 16 Purwo Martini Kalasan Sleman Daerah Istimewa Yogyakarta
アクセス ・アクセスジョグジャカルタ市内から車で約30分
・アディチプタ空港から車で約50分
周辺の観光名所  ラトゥボコ寺院

Map

プランバナン寺院群はヒンドゥー教の遺跡としてはインドネシア最大級で、仏教遺跡のボロブドゥール寺院とともにジャワ建築の最高傑作のひとつとされ、1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。

寺院群の中心寺院であるプランバナン寺院(ロロジョングラン)は、古マタラム王国のサンジャヤ朝のバリトゥン王(在位898〜910年)による建立と言われる。古マタラムの王宮もこの辺りにあったと考えられているが、伝染病の流行により10世紀頃にジャワ東部のクディリに都を遷し、プランバナンは長い年月の間見捨てられてしまう。

14〜15世紀に入るとジャワ島はイスラム教化が進み、ヒンドゥー教徒はバリ島へと逃れて行った。忘れ去られたプランバナン寺院は後の1549年の地震で遺跡のほとんどが崩壊した。しばらくの間放置されていたが、1830年から遺跡の修復作業が行われている。

しかし2006年の5月に起きたジャワ島中部地震で甚大な被害を受け、2007年から修復作業が開始された。

実はプランバナン寺院群は、ヒンドゥー教の神ブラフマ、シヴァ、ウィシュヌの三最高神を祀るチャンディ・ロロジョグランを中心にセウー、ルンブン、ブブラの三つの美しい仏教寺院を従えた、ヒンドゥ教と仏教の影響を受けた寺院群である。

どのお堂にも全面に施されたレリーフや彫刻に覆われ、特にシヴァ神を祀るお堂はラーマーヤナ叙事詩を描写した62のレリーフで有名です。空を突き刺すような聖堂の造りが一層神聖さを濃くしている。

ワールドヘリテージのプランバナン寺院群 プランバナン寺院群
ワールドヘリテージのプランバナン寺院群 三最高神を祀るチャンディ・ロロ・ジョングラン
ガネーシャ像 ロロ・ジョングラン像
ガネーシャ像 ロロ・ジョングラン像
プランバナン寺院群 プランバナン寺院群
壁面に施された彫刻のひとつ ラーマヤナ叙事詩(ラマ&シータの物語)を表現したレリーフ