タマンアユン寺院

タマンアユン寺院

住所 Mengwi
アクセス ・ヌサドゥアエリアから車で50分
・クタエリアから車で30分
・ウブドエリアから車で30分
休場日 ニュピ
開園時間 09:00〜18:00
入園料 Rp15,000.00
周辺の観光ポイント タナロット寺院まで車で20分

Map

デンパサールから西へ18キロのメングウィ村にある『タマンアユン寺院』。(美しい庭)という意味のこの寺院はバリ島6大寺院のひとつとされ、かつてバリの大部分を治めていたメングウィ王国の王イ グスティ アグン アノムによって1634年に国寺として建立されたもの。寺院の周りには堀がめぐらされ、美しく整備された境内は庭園のような趣。地元の人々が休日には家族連れでやってくるほどバリ人にも親しまれている。境内には王家の先祖を祀るお堂と唯一至高神を祀るメルが整然と並び美しい景観を見ることができる。

タマンアユン寺院 タマンアユン寺院
中に入って行くと現れる美しいバリスタイルの門 麗美な姿のメル
タマン・アユン寺院 タマン・アユン寺院
入り口の割れ門 お堀が巡らされた寺院の景観