バリ伝統舞踊鑑賞 ポイント&インフォ

ケチャックダンス

バリダンスの中でも、神秘的で異様を放つケチャックダンス。迫力があって見ごたえのあるものになっている。もともとは、サンヒャンと呼ばれる宗教的儀礼で、外部の人間の目には触れられるものではなかった儀式を、1930年代にバリに魅せられバリ芸能に大きな影響を与えたドイツ人画家のウォルターシューピースによって現在のように観光芸能にアレンジされた。インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を表現したもので、「チャ、チャ、チャック」という大勢の男性の声だけでリズムをとり、ガムラン楽器による演奏は一切ない。妻シータを誘拐されたラーマ王子が、猿の軍団のを率いるハヌマン将軍の協力を得て、救出に成功するというストーリーで、円状になって座る男性たちは、猿の軍団を表し、その中央できらびやかな衣装をまとったダンサー達によってラーマ王子やシータやハヌマンを演じるれる。
※ウブドでのケチャックダンスは水、土、日曜日のトレナ・ ジェンガラのケチャとトランスファイヤーダンスが迫力と神秘的な雰囲気で見ごたえあり。

ウルワトゥ寺院でのケチャックダンスの詳細はこちらから


ケチャックダンス ケチャックダンス ケチャックダンス

バロンダンス

善(聖獣バロン)と悪(魔女ランダ)の終わりなき戦いを演じているバロンダンス。バリ独特の世界観を表現していて、善と悪の二つの力が常に対立することで世界のバランスが保たれているという考えにもとづいていて、両者の戦いは決着を得ない。ストーリーは、各グループによって異なっている。

バロンダンス バロンダンス バロンダンス

レゴンダンス

バリダンスの中で最も華やかで美しく完成されている宮廷舞踊。ストーリーは、ジャワ島のダハ王国の皇女ランケサリは、森のなかに迷い込んだところをラッサム王に助けられる。美しいランケサリにラッサム王は求婚するが、ランケサリには、パンジ王子という許婚がすでにいたため求婚を拒否する。これに激しく怒ったラッサム王は、ダハ王国に侵略を決めるが、神鳥ガルーダが現れ「この戦いに敗れ死んでしまう」と予言するがラッサム王は決意を変えず戦いに向かう。この中で「チョンドン」と呼ばれる侍女とガルーダの二役を演じる踊り子が、グループ一の花形で、見事な踊りを披露する。
※金曜日のティルタ・サリの公演は、バリでもトップレベルでこのレゴンは、得意の演目の一つである。中でも「チョンドン」を演じるユリアティの踊りは華やかでカリスマ性があり世界中に多くのファンを持つ。もし金曜日にバリに滞在ならぜひ見ておきたいものです。

レゴンダンス レゴンダンス レゴンダンス

クビャールトロンボン

天才舞踊家マリオ氏によってアレンジされ演じられ、今日のようにバリ全土にひろがった。女装をした男性が座った状態でトロンポンという楽器を演奏しながら艶かしく踊るという複雑な踊りで、踊り手の技量が試される。

クビャールトロンボン クビャールトロンボン クビャールトロンボン

バリスダンス

もともとは儀式のひとつとして複数の成人男性によって踊られる戦士の踊り。最近では、独立した観賞用舞踊となって、ひとりの少年によって踊られることが多い。独特の指の動きや足さばきがダイナミックで戦士の勇姿を現している。※火曜日のスラマ  ラティの中心メンバーアノム氏の踊るバリスダンスは、生まれ持った天才的な身のこなしで、迫力がありバリスダンスを観賞したいならこちらがおすすめ。

バリスダンス バリスダンス バリスダンス

オレッグタムブリリガン

マリオ氏に創作された比較的新しい舞踊で、ミツバチの求愛を表現している。妖艶に踊る女性ダンサーの繊細な目の動きや表情に注目しながら観賞したい。

オレッグタムブリリガン オレッグタムブリリガン オレッグタムブリリガン


ウブド周辺バリ伝統舞踊ダンススケージュール表はコチラから⇒